レイクは元々総量規制対象外ではなかった

なぜレイクは総量規制対象外になっているのかを簡単に説明

総量規制という言葉を知らない人のほうが最近では少なくなっているんじゃないでしょうか。消費者金融やカードローンを使わない人であっても言葉くらいは知っている人は多いと思います。そんな総量規制ですけれどもこの総量規制の枠を破ったのはレイクではないでしょうか。元々レイクが枠を破ったというのは業界内では有名だったのですが、一般的にはあまり知られていないと思います。どうしてこういった抜け道のような方法が許されたのかというのはわかりません。何かの取引があったのかもしれませんし、なかったのかもしれません。しかし今でもレイクは総量規制対象外という扱いを受けているのです。

元々レイクは別に総量規制対象外というわけではなく、単純に貸金業者だったのです。普通の貸金業者だったレイクがなぜか他の貸金業者とは違って法律の適用を免れるとされたのは、銀行法に基づく運営をするようになったからです。総量規制というのは貸金業者に対するものであって、貸金業者は年収の3分の1以上は貸出をしてはならないなど、細かく制定しているものです。しかし貸金業者を規制する法律は貸金業法であり、銀行法とは全く違うものです。ですから銀行法のもとで行われるとなった場合は、レイクに総量規制が適用されないというように考えられるようになったわけです。

レイク自体は元々単純にサラ金だったわけですが、ある大手の銀行に吸収される形で子会社化されたのです。そこからその銀行の資金注入を受けて貸金業者として運営されていたのですが、そこからさらに貸金業者から銀行へと変わっていったのです。だからお金を貸し出しするときに年収の3分の1以上必要だとか、主婦などは貸出が難しいということが適用されなくなったのです。結果的にこの状況を見た他の会社も同じように大銀行に吸収されて子会社になり、銀行法のもとで営業をするようになっていったのです。

だから今もレイクというのは銀行の貸出業務の一部である、というふうに考えられているのです。そして他の銀行系カードローンなども同じように考えられています。だから総量規制対象外なのです。屁理屈のようですが本当の話です。